×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チャーハンの作り方 はじめに

チャーハンの作り方っていろいろと奥が深いです。居酒屋で働いていたときにキムチチャーハンの
作り方を教えてもらいましたが、水分多すぎて、べたついた感じでした。

なかなかパサパサの作り方が難しいチャーハン。やきめしとはちょっと違う感じ。

やきめしの作り方は、冷や飯と冷蔵庫の残り物で作った感じと書かれていましたが、
チャーハンは高級(?)中華料理で、やきめしは庶民的なイメージが強いみたいです。

チャーハンと焼き飯の作り方では、盛り付け方も違う感じがします。チャーハンってお玉から
そのまま丸く盛り付けることが多いですよね。そこもポイントかも。

また、似たような食べ物で、ピラフの作り方は、米を炒めるのが作り方のポイント。
後からスープの中で炊くもので、どちらかというと炊き込みご飯に見たいな感じです。
ピラフはトルコの料理みたいですね。

あと、パエリアはスペイン料理で、ピラフが元になっているそうですですよ。
いろいろありますが、とりあえず今回はチャーハンの作り方のコツです。

>>みんながチェックしている、おいしいチャーハン

チャーハンの作り方の基本

チャーハンの作り方です。基本の部分ですよ。「中華鍋を煙が出るまで熱する」のがチャーハンの作り方の1番のポイントです。

テフロン加工のフライパンとか洗剤で洗いすぎているフライパンだと、鍋やプライパンの表面に油がなじんでないので煙が出にくいです。水滴を垂らしてみてジュッっていって蒸発するくらいなら大丈夫です。

★材料(適当でいいですよ)
ごはん 200g、たまご 1〜2個、焼豚 40g、万能ネギ 少々、長ネギ 15g、かまぼこなど20g、にんじん 10g、塩・しょうゆ・酒・コショウ 少々。

★チャーハンの作り方
1)薄く煙が出るくらいまでフライパン(中華なべ)を熱します。
2)油をフライパンになじませた後、余分な油を捨てます。
3)たまごを入れてかき混ぜます。
4)たまごが半熟状態で、温めたごはんを投入します。
5)ご飯をお玉でほぐしながら、たまごを絡めていきます。
6)長ネギを入れて炒め、ネギの香りがしたら塩をふります。
7)焼豚・ニンジン・万能ネギを入れて、炒めます。
8)しょうゆや酒を香りつけのためにフライパンの端から入れ、
  コショウを適量ふりかけて、軽く炒めます。

炒める時間は、5分もかかりません。最後の香りつけは、サッと5〜10秒くらい炒めれば大丈夫です。

チャーハンの作り方 パサパサにするコツ

チャーハンの作り方のをベースに、家庭でパラパラのチャーハンを簡単に作るためのポイントをまとめておきます。

コツは、いかに高温で炒めることができるかどうかです。チャーハンの作り方で大事なところです。

★チャーハンの材料を小分けにしておく
チャーハンの材料を適当に置いておくと、手間取って炒める間に空白の時間ができてしまうことがあります。もちろんご飯も茶碗などに取っておいて、すぐに入れることができるようにしておきます。小分けして器に入れておきましょう。

★チャーハンの鍋を思いっきり加熱する
油から煙が出るくらい加熱します。強火で一気に仕上げるので材料が焦げたりしません。逆に温度が低いと食材がこびりつきます。チャーハンの作り方の基本です。

★冷えた食材を避ける
これは結構ポイントです。残り物のご飯で作ろうとすると、冷えたご飯を使いがちですが、一度暖めておきましょう。たまごもを早めに外に出してく方がいいです。常温に近い温度くらいにしておくと、チャーハンは作りやすいです。

★チャーハンを炒めるときに鍋を動かさない
チャーハンの作り方で、なべの振り方を解説していることもありますが、よほど火力が強くないと、なべを浮かしたりしたときに火から離れるので、温度が下がります。

Copyright © 2007 チャーハンの作り方をマスターしよう